ピクノジェノールなどの抗酸化成分の一般的効果について

抗酸化物質摂取のメリットとは

 
酸化で発生した過剰な活性酸素が細胞にダメージを与えトラブルを起こします。
この体や肌へのダメージを防ぐ働きを持っているものが抗酸化物質です。
見た目の違い
体内で抗酸化物質が不足すると、健康に問題が生じたり、老化のスピードを早めたりします。

抗酸化物質を摂取する主なメリットは、 アンチエイジング、健康維持、美肌維持となります。

細胞自体の酸化を抗酸化物質は防いでくれるのです。 抗酸化物質による体内の酸化の防ぎ方には2つのタイプがあります。
活性酸素による酸化ダメージを修復することで細胞を守るものと 活性酸素自体を吸収し、細胞を守るものです。
どちらも「体内の酸化を防ぐ」という目的は同じであり、美容と 健康を維持するためには必要です。

 
代表的な抗酸化物質その働きは 抗酸化物質で代表的なものを挙げていきましょう。

▼ピクノジェノール:ご存知フランス海岸松の樹脂から抽出される成分。体の酸化を防ぐとされています。

▼SOD:生体内で作られる物質。高い抗酸化作用を持っていて、細胞を守る働きがある。

▼グルタチオン:3つのアミノ酸からなるトリペプチド。体内にあり、活性酸素から細胞を守る。解毒効果がある。

▼アスコルビン酸:ビタミンC。抗酸化効果が強く、メラノサイト内でメラニ ン色素の合成を抑制する働きがある。
食事で摂取できる他、化粧品で肌から補給できる。

▼トコフェノール:ビタミンE。脂質の酸化を防ぐ効果が非常に高い。
赤ワイン
▼ポリフェノール:赤ワイン、緑茶、野菜、果物に含まれている。細胞の活性 化に期待が持てる。
この他、鮭のアスタキサンチンや人参に多く含まれるβ―カロテン、ビタミンAも高い抗酸化作用があります

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です