カテゴリー別アーカイブ: コンテンツ

本サイトについて(会社概要)

多くのサイトが存在する中で、当ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

ピクノジェノール研究所
サーバー運営:エスエーシーラボ株式会社
URL:http://www.vitaminlabo.com/
代表取締役 木村都是
お問い合せについて「各ページにコメント欄にてお問い合せください」








本サイトの運営目的

本サイトは、ピクノジェノールについて研究・調査した内容を社内勉強として学習した内容を社外にも一般公開することによって完成したサイトになります。基本的には医師の監修をうけておりますので、内容については問題ないと考えております。監修医師:橋本先生(クリニックサイトはこちら)商品の販売目的ではない薬機法を遵守したサイトとなります。幅広い皆様がご利用頂ければ幸いです。

また、本サイトには、GoogleAdSense広告が表示されております。広告バナーについてPR表示がついており自動配信される広告でございいます。当社の商品の販売目的に表示されるものではなく、サイトのドメイン管理費、レンタルサーバー料金にわりあてているものになります。当サイトに掲載している記事の情報は、いかなる広告主からも影響を受けることはありません。
  

リンクについて

当サイトへのリンクは、原則自由となっておりますが、リンク元のフレーム内で表示させることや、法令違反のサイト様(グレーも含む)からのリンクは固くお断りいたします。悪意のあるリンクが掲載されている場合は然るべき対応を検討致します。
 いところまで解説する、ステロイドの総合情報提供サイトです。

著作権について

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。
引用の範囲を超えるものについては、法的処置を行います。転載する際には、お問合せよりご連絡お願いします。
 

GoogleAnalyticsの設置について

当サイトは、ご訪問いただいたた時間、お客様のアクセス元のホスト名、OSとブラウザのバージョン、リンク元のURL、モニターの情報等のパソコン環境情報を収集し、アクセス解析をしております。この目的はお客様が検索サイトからご訪問いただいた場合、どのような検索で当サイトに来訪いただいたかの解析にのみ使用しており、第3者に公開はいたしません。

サイトマップ

生理

「生理」について
女性なら一度は悩まされる事の一つに「生理」があります。

男性には絶対にわからない悩みですよね。

生理に関する悩みの中でも特に多いのが「生理の遅れ」に関するものです。

生理が遅れる原因として

  • 妊娠している
  • 無理なダイエット
  • 何かしらの病気
  • 強いストレス

などがあります。

一般的に健康な女性なら、25~35日周期程度で生理がきます。
生理周期予定日を過ぎても生理が来ない場合や、いつまでも周期が安定しない場合、何らかの異変が体の中で起こっている可能性があります。

妊娠している場合、微熱が続いたり、生理とは言えない微量の着床出血などの症状があります。
少しでも可能性があるなら、ある程度の期間を待って妊娠検査を行いましょう。

無理なダイエットが原因の場合、体が妊娠できるような状態ではないと判断することにより、ホルモンバランスが崩れます。
よって生殖機能を停止するように体が働いてしまうのです。









どんなに痩せたいと思っても、体を壊してしまっては意味がありませんよね。
極端に摂取カロリーを減らしたり、一品ダイエットは絶対にやめましょう。

やめておくこと

無理なダイエットは注意 生理が止まってしまっている状態が長く続いた場合、卵巣の機能低下につながり、そのまま生理が来ない体になってしまいます。不妊の原因になりますから、ダイエットはバランスよく適度な栄養を取りながら、運動をするなどの健康的な方法にしましょう。 激しすぎる運動は、自律神経を乱す原因になりますので、運動も適度に行いましょう。

何かしらの病気が原因の場合、原因の病気はいろいろあります。
特に多い病気として、子宮筋腫や子宮内膜症があります。他にも子宮がんや子宮頸がんなども挙げられます。

少しでもおかしいと思ったら直ぐに産婦人科を受診することをおすすめします。
また、糖尿病や腎機能障害、多嚢胞性卵巣・無排卵性周期症、バセドウ病など生理が止まってしまったり遅れる 原因の病気は非常に多いのです。

強いストレスを感じた場合も生理が遅れたり止まることがあります。

排卵を管理しているのは脳の脳下垂体と呼ばれている部分です。この部分は自律神経の影響を受けやすいようです。
その為、強いストレスによって自律神経が乱れると、排卵の周期が崩れて生理が遅れるというわけです。

生理が遅れたりすることは、何かしらの原因があるからです。
簡単に考えないで病院を受診するなど、適切な対処をしましょう。 ダイエットなど原因がわかっている場合は健康的な生活に戻すなど、できることを行った上で病院に相談するのがいいと思います。

月経前症候群

月経前症候群って聞いたことありますか?
文字通り、生理前に体調の変化が起こることをいいます。

多少の変化なら問題ありませんが、酷い下腹部痛や乳房痛、憂鬱になったりイライラが酷い場合は「月経前症候群」の可能性があります。

月経前症候群は、体と心に様々なトラブルを起こします。
これはホルモンバランスが崩れることによって起こる症状で、酷い場合は日常生活に支障が出るほどです。

細かくどういった症状があるかを挙げると
体の症状としては、下腹部痛又は下腹部の張りや腰痛、乳房痛や乳房の張り、頭痛や肩こりにめまい、肌荒れなどの皮膚のトラブル、 手足の冷えにむくみ、下痢や便秘、食欲の増減、おりものが増える、疲れやすくなり眠気が強くなるなど。
イライラ

心の症状としては、攻撃的になる、憂鬱になったり気分の変化が激しくなる、 イライラして怒りっぽくなる、いつもどおりの生活や仕事ができなくなる、 性欲の増減、女性でいることが嫌になってしまうことなどがあります。

ある調査によると、ほとんどの女性がなにかしら当てはまる項目があるようです。
もし上記のような症状に当てはまる場合は基礎体温をチェックしましょう。

同じような症状が生理の2週間前に、日常生活に支障をきたす程に出るならば「月経前症候群:PMS」と診断されます。










PMSと診断されたら

一番大事なのはそれに気づくことです。自分が月経前症候群だと気がつくことで、自己管理が出来ます。

女性なら誰にでも起こるものだと前向きに考えて、自分なりに管理していきましょう。

まずは日々基礎体温をチェックして記録しましょう。
記録することで、生理前に意識的に必要な栄養を摂取するなど、症状を軽減させることが可能です。

緑黄色野菜
症状を軽減させてくれる食品に、豆類・緑黄色野菜・玄米・海藻類などがあります。
逆に症状を悪化させてしまう食品に、カフェイン・アルコール・砂糖・塩分・添加物や加工品が挙げられます。

ビタミンB6を摂取すると症状が軽くなると言われています。

これは豚肉や大豆、にんにくの芽、いわしや鯖などに多く含まれています。
大豆などの豆類がいいとされるのは、イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをしてくれるからというのは、ご存知の人も多いかと思います。 食品の組み合わせが大事ですので、バランスよく取り入れましょう。

また、適度な運動とストレスの軽減も大事です。何よりも月経前症候群を悪化させる原因はストレスだそうです。
自分のストレスの原因を知り、適度に発散解消できるようにコントロールしましょう。

抗酸化物質は食品・化粧品素材として日々研究されています

抗酸化物質とは、生体物質が酸素と結びつく事により発生する有害なことがらを弱めたり 除去する事ができる物質のことをさします。
そして 世の中には「抗酸化物質」と呼ばれる成分が多彩に存在し、「何を摂ったらいいの?」と迷われる方もきっと多いはず。
そこで、日々エイジングケアの研究をしている医薬品、食品、化粧品メーカーの専門家に、「今、注目している抗酸化物質は、
ズバリ何?」と問いかけてみました。以下にご紹介いたします。

フラーレン

注目すべきは、そのオールマイティな抗酸化力です。 体内で生成される様々な種類の 酸化物質にまんべんなく作用します。
そして、酸化物質をスポンジのように吸収して無害化する、 特殊な抗酸化メカニズムをフラーレンは持っています。
そのため、ビタミンCなどの抗酸化成分 の働きを高めると考えられています。

●抗酸化以外に期待できる効果

血管をしなやかに保ち、血液をサラサラにします。
毛細血管の血流を促進するので肌にも良いと言われてます。

●抗酸化以外に期待できる効果

美白、抗シワ、抗ニキビの他、最近の研究で角層バリア機能を正常化する(保湿)可能性も。
構造的にはダイヤモンドの仲間であり、食品には含まれていません










フェルラ酸

スーパーオキシド、ヒドロキシラジカルなどのフリーラジカルを中和する効果があり、紫外線、喫煙、大気汚染などによる
酸化を原因とす る肌のエイジングを未然に防ぎます。

また、他の抗酸化物質との高い相乗効果も期待できるため、 フェルラ酸単体よりも、ビタミンCやEを一緒に配合した
スキンケア化粧品の方が抗酸化効果が高まります。

親水性および親油性という双方の特徴を兼ね備えているので、肌に浸透しやすいのも特徴です。

●抗酸化以外に期待できる効果

紫外線が原因紫外線を原因とするメラニン生成を抑制するため、美白の効果が期待できる他、
アルツハイマー型認知症に有効との説があります。
米や小麦など、身近な食品にも含まれています。

ピクノジェノール

農薬や肥料を一切使用しないで成長した、樹齢25年以上のフランス海岸松の樹皮から抽出される天然の抗酸化物質。
プロシアニジンを主成分に約40種類以上の有機酸を含有し、その抗酸化力はビタミンCの約340倍、ビタミンEの約170倍とも
いわれてます。

また、血流の改善や毛細血管の強化、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されるなど、健康と美容に寄与する120以上の蓄積された文献と治験データがあります。飲む美容液とも言われております。補足ですが、最近では飲む日焼け止めなども人気ですね。

●抗酸化以外に期待できる効果

日米の両国で「月経困難症・子宮内膜症の治療薬」としての特許を取得しています。
(日本特許:特許第3,260,134号 米国特許:U.S.PAT.No.6,372,266 B1)
※ピクノジェノールについて

EPA (エイコサペンタエン酸)

青魚
食品でしか補うことができない大切な栄養素です。青魚に多く含まれる油(あぶら)で、人間の体にも含まれている成分です。
食品(魚)として摂取することが望ましいですが、魚を食べる機会も減少しているので、サプリメントで摂ることが効果的です。
長く続けることで血管年齢を若く保つことができます。

動脈硬化を防ぐため、心臓や脳の血管障害になるリスクを低下させるエビデンスがあります。

●抗酸化以外に期待できる効果

血管をしなやかに保ち、血液をサラサラにします。 毛細血管の血流を促進するので肌にも良いと言われてます。
鰯や鯖などの青魚に多く含まれてます。

糖転移ヘスペリジン(ビタミンP)

へスペリジンは、温州みかんなど柑橘類の果実の皮や袋から抽出された成分です。ポリフェノールの一種で、完熟したものより未完熟の青い果実により多く含まれています。 またヨーロッパでは、医薬品として役立てられてきた天然の有効成分です。
ビタミンCと共に働き、毛細血管を細菌やウィルスから守る働きがあります。またビタミンCの消耗を防ぎ、しなやかで強い血管を保ちます。

●抗酸化以外に期待できる効果

毛細血管を強化して血流を良くする働きがあり、身体のすみずみにまで温かい血液を行き渡らせることで「冷え」を改善するという働きがあります。

みかんを食べる時は、袋やスジも一緒に食べましょう。ビタミンCと一緒に摂ると、相性が良いです。

その他、まだまだあります注目の抗酸化物質

例えば、最近話題のポリフェノール「レスベラトロール」は、悪玉コレステロールの酸化を防いだり、血中の抗酸化力を増加させる働きがあります。また、お馴染み「コエンザイムQ 1 0 」は、補酵素として大切な成分です。

疲れやすくなったり、体力が低下していると感じたら、体内のコエンザイムQ10が減っていることも考えられます。
脂溶性の抗酸化物質ですので、空腹時よりも食事直後に摂るように心がけましょう。また「アスタキサンチン」は、活性酸素を消去する機能がビタミンEの数100倍もあり、ビタミンCと一緒に摂るとさらに抗酸化力が強くなる特性があります。アスタキサンチンに注目したサプリメント「アスタリール」等も医療機関専用サプリメントですが非常に人気のある商品です。

お肌と「酸化」の関係について

肌の「酸化」は老化の始まり

 健康な肌健康な肌は適度な皮脂などが分泌され、うるおいを保ち、また肌の弾力 性やハリを支える内部の組織を守っています。
ところが肌内部に活性酸素が増えすぎると、肌細胞で遺伝子レベルの破壊が始まります。つまり、細胞が完成する前の段階で肌の組織が壊れるのです。

言い換えると、増えすぎた活性酸素が肌の衰えや老化の引き金を引いていると言えるでしょう。
これが肌の「酸化」です。

 活性酸素が与える遺伝子レベルの悪影響は、遺伝子の情報を正しくコピー させず、間違った情報をコピーさせてしまうこと。
これによって正しい細胞の働きができず、機能が弱まった肌細胞になってしまい、それが肌の老化を引き起こすのです。
肌の細胞が損傷すると、肌のバリア機能が低下して、乾燥肌や敏感肌になることが考えられます。
つまり肌がうるおいを保てず、乾燥してしまい、敏感肌になる場合があるということです。

 また活性酸素は肌の表面ではニキビなどの炎症を起こす肌トラブルの原因になります。毛穴が炎症を起こせば毛穴の開きも起こってしまうのです。さらに肌内部の真皮に活性酸素がたくさん入り込んでしまうと、弾力性やハリを支えるコラーゲンやエラスチンも破壊し、しわやハリのなさの原因となります。このようなことが起きれば、細胞にダメージを受けたメラノサイトが正常なコントロール機能を失い、メラニン色素を過剰に生成するようになります。

老化によるシミは、紫外線や炎症によって発生した活性酸素が原因なのです。ですから肌の酸化は肌の老化の始まりと言っても過言ではありません。

睡眠も大切

睡眠も大切 活性酸素が発生しすぎれば、それに伴い起こる「酸化」で肌は確実に衰えていきます。そのため抗酸化物質で「酸化」を防ぐことが若々しく、健やかな美肌を守るために必要になってきます。また抗酸化物質の含まれている食事を、毎日摂取することは肌の「酸化」を防ぎます。











体内に抗酸化物質を取り込むことで、過剰な活性酸素は無害化され、若々しい健やかな美肌を保つように働いてくれるのです。
特に抗酸化物質を含む新鮮な野菜類やフルーツ類を食事で毎日摂ることは、美肌のためにも健康のためにも大切なことです。

抗酸化物質と保湿によるスキンケアを酸化物質を含んでいる化粧品を使用してのスキンケアには、肌の酸化を防ぐ効果があります。ただし、単に抗酸化物質が含まれている化粧品でスキンケアするだけでは、完璧に肌の酸化を防げるわけではありません。
肌のバリア機能強化のために保湿も重要になります。スキンケアで行えるのは、肌の酸化予防と保湿による肌バリアの強化です。

肌のエイジングケアには、酸化防止とバリア機能の強化による保湿の両方が必要です。また体内に抗酸化物質を取り入れることでさらに効果的となります。そのためには食事で抗酸化物質を摂ることが有効なのです。

ただし「抗酸化物質を絶対に摂らなきゃ!」と頑張り、それがストレスになるのはNGです。それではいくら摂取しても、
次々と過剰な活性酸素が発生してしまいます。食事もスキンケアも、十分楽しんで行うことが大事です。

保湿による肌のバリア機能強化と抗酸化物質を使用してのスキンケアを続けていくことで、美肌を長く保つことができるでしょう。

ピクノジェノールなどの抗酸化成分の一般的効果について

抗酸化物質摂取のメリットとは

 
酸化で発生した過剰な活性酸素が細胞にダメージを与えトラブルを起こします。
この体や肌へのダメージを防ぐ働きを持っているものが抗酸化物質です。
見た目の違い
体内で抗酸化物質が不足すると、健康に問題が生じたり、老化のスピードを早めたりします。

抗酸化物質を摂取する主なメリットは、 アンチエイジング、健康維持、美肌維持となります。

細胞自体の酸化を抗酸化物質は防いでくれるのです。 抗酸化物質による体内の酸化の防ぎ方には2つのタイプがあります。
活性酸素による酸化ダメージを修復することで細胞を守るものと 活性酸素自体を吸収し、細胞を守るものです。
どちらも「体内の酸化を防ぐ」という目的は同じであり、美容と 健康を維持するためには必要です。

 
代表的な抗酸化物質その働きは 抗酸化物質で代表的なものを挙げていきましょう。

▼ピクノジェノール:ご存知フランス海岸松の樹脂から抽出される成分。体の酸化を防ぐとされています。

▼SOD:生体内で作られる物質。高い抗酸化作用を持っていて、細胞を守る働きがある。

▼グルタチオン:3つのアミノ酸からなるトリペプチド。体内にあり、活性酸素から細胞を守る。解毒効果がある。

▼アスコルビン酸:ビタミンC。抗酸化効果が強く、メラノサイト内でメラニ ン色素の合成を抑制する働きがある。
食事で摂取できる他、化粧品で肌から補給できる。

▼トコフェノール:ビタミンE。脂質の酸化を防ぐ効果が非常に高い。
赤ワイン
▼ポリフェノール:赤ワイン、緑茶、野菜、果物に含まれている。細胞の活性 化に期待が持てる。
この他、鮭のアスタキサンチンや人参に多く含まれるβ―カロテン、ビタミンAも高い抗酸化作用があります

体がサビる酸化とは?

 
「酸化」というと、健康や美容には大敵、と考えがちですよね。酸化 という言葉を見て、「体の中にサビが出てくる」と
イメージする方もい らっしゃるかもしれません。 ところが酸化は、意識せずとも 毎日体の中で当たり前に起こっているのです。

 人間は呼吸しないと生きていけませんよね。呼吸により酸素が体 内に入り込むことで酸化が起こります。
体に有害というイメージをも たらす酸化ですが、その要因にもなっている酸素は、生きていくため に必要な物質です。

スポーツなどで酸素を取り込むことで酸化していく
生物は体内に酸素が取り込まれると、その取り込んだ酸素を使って栄養素を分解します。
そして 分解された栄養素は、生きるために必要なエネルギーに変えられます。

つまり、酸素が生きるためのエネルギーを作り出すというわけです。
 これが体で起こる「酸化」の仕組みです。酸化とは、取り込んだ栄養素を エネルギーに変えるための化学反応であり、
体内で起こる「酸化反応」 と呼ぶべきものなのです。

生き続けていくこととは、酸化反応がずっと起き続けることと言えるで しょう。自分の体内で正常に酸化が行われなければ、
生物は生きられな くなってしまうのです。酸素がなければ人間は生きられません。

十分な酸素があってこそ、 生きていけます。「健康や美容に大敵!」と考えがちな「酸化」は、本当 は人間が生きていくために
欠かせない化学反応だということを知っ ておきましょう。










酸化反応の副産物「活性酸素」

酸化反応により、生体に必要なエネルギーが生まれるのと同時に発 生するのが「活性酸素」です。
 活性酸素というと、「体に悪い」という嫌なイメージをお持ちの方も 多いでしょう。 ところが本当は体に有害なものではなく、
逆に体を守る ために必要な働きもあるのです。

 活性酸素は細胞内で発生します。酸素は、体内に入り細胞内のエネルギー工場である 「ミトコンドリア」に取り込まれ、
「酸化反応」により栄養素をエネルギーに変えてい くのです。こうして、たんぱく質やコラーゲンの生成、筋肉運動のため
に必要なエネルギーを生み出します。この時、活性酸素も発生します。

 健康体なら、活性酸素は本来あるべき場所にとどまり、過剰な活性酸素は除去されます。
 また、体内に正しく分布すれば、外から入ってくる細菌やウイルスをやっつけ、 我々の体を傷つける事もないのです。
ピクノジェノールで酸化を防いで若々しく

体に有害な酸化とは?

活性酸素は健康な体を維持するのに必要な物質ですが、過剰に発 生してしまうと、有害な存在に変わってしまいます。
つまり、この過剰な活性酸素が、健康や美容面で大きな問題となる「酸化」の原因 なのです。

過剰免疫
 すなわち、本来は体を外敵から守るはずの活性酸素ですが、実は増 えすぎると老化のスピードを早くしたり、
生活習慣病や癌のリスクを 上げる有害なものになってしまいます。過剰に発生した活性酸素が健康や若さを
脅かすようになるというわけです。

問題になるのは、活性 酸素そのものではなく、活性酸素の「量」なのです。
 過度のストレスや喫煙、睡眠不足などの健康を害する要因が重な ると、活性酸素は体内でどんどん増えてしまいます。
これは酸化反応が起こり過ぎてしまうからです。

その結果、健康や美容の大敵である体の「酸化( サビ)」が起こってし まうのです。

ピクノジェノール エクセレントプラスで元気な毎日を!